健と俊太朗の哀しみの愛の物語

健と俊太朗の哀しみの愛の物語 BLS(ボーイズラブストーリー)
健と俊太朗の哀しみの愛の物語

その昔、とある村に二人の青年、健と俊太朗が住んでいた。健と俊太朗は幼いころから遊び仲間であり、やがて心の底から互いを愛し合うようになった。

でも、健と俊太朗の心の内は、実は深い哀しみと悲しみが潜んでいたのだった。

というのも、彼らの愛は村人たちには理解されず、彼らは絶えず孤立感を抱えて生きてたのだった。

健はある日、涙を流しながら俊太朗に言いました。

「俊太朗、僕たちはどうしてこんなに愛し合っているのに、村の人々には理解されないのかなぁ?」

俊太朗は健の手を握りしめ、柔らかな声で答えた。
「健、僕たちの愛は特別なものだから、理解するのがきっと難しいんだよい。でも、僕たちが互いにどれだけ愛し合っているかは、心の中で確かなことだよ。そうでしょ?健!」

ある夜、健と俊太朗は村外れの小さな森で密会を重ねていたのだった。

月明かりが木々を照らしいた。
静かな湖が星の光を映し出すそこは健と俊太朗にとって唯一の安らぎの場だったのだ。

俊太朗は健の瞳を見つめながら
「健、僕らが過ごす日々はこんな美しい夜に包まれているんだよ。僕らの愛は人目を気にせず自由に生きられる世界を夢見ているんだよ。」

健は俊太朗の言葉に心を動かされ、涙を流したのだった。

「俊太朗、君さえがいればどんな困難も乗り越えられるよ!君と共に、僕たちの愛を理解してくれる場所を見つけようよ!」

そして、健は俊太朗はその夜、村を出て旅に出ることを決意したのだった。
健と俊太朗は荷物をまとめお互いに心に秘めた夢と希望を胸に抱き、健は俊太朗は荷物をまとめお互いに心に秘めた夢と希望を胸に抱き、彼らは出発の日を待った。

出発の朝、健は俊太朗に向かって告げた。

「俊太朗、君と一緒なら、どこへだって行ける。どんな未来も、僕たちの力で切り開いていこうよ。」

俊太朗は健の手を取り、

「ありがとう、健。君と共に歩む未来が、僕にとって最高の幸せだよ!僕たちが手を取り合って歩む限り、どんな困難も二人で乗り越えていこう!」

健と俊太朗の二人は旅を始めた。

多くの冒険と出会いを経験した。どんなに厳しい状況でも、互いに支え合い、愛し合うことで乗り越えていきました。そして、健と俊太朗は、遂に!自分たちの愛を受け入れてくれる村を発見したのだ!

その村で、様々な性の愛が理解され受け入れられていたのである。
健と俊太朗は村人たちに歓迎され、彼らの愛が尊重されることを喜んだ。
彼らはその土地で新しい生活を始め、幸せな日々を過ごし始めたのだ。。

しかし、やがて悲劇が健と俊太朗に襲いかかるのだ!
健は重い病に冒され、寝たきりになってしまったのた!俊太朗は健の身を案じて、毎晩寝ずに看病に励んだ。

健は苦しみながらも俊太朗に微笑みかけた。
「俊太朗、君がいてくれるから、僕は幸せだ。もし僕がたとえこの世を去っても、君のことは忘れないよ!どこかで必ず、また会おうね!」

俊太朗は涙を流しながら答えた。
「健!僕も君がいてくれることで、こんなに幸せを感じたことはないんだよ!。どんなに遠く離れていても、僕たちの愛は絶対に消えない。僕たちの心はいつも一緒だよ!」

健はその後、静かに息を引き取りました。俊太朗は悲しみに暮れる日々を過ごしましたが、健との約束を胸に刻み、彼の遺志を継いで生きる決意たのだった。

そして、俊太朗はその村で健との想い出を語り継がれ、健と俊太朗の愛は後世に伝わるようになったのである。
健と俊太朗の愛は村人達に対して愛と勇気、そして希望を与えたのだ。

この彼らの健と俊太朗の愛はは永遠に語り継がれ、愛する者たちに勇気を与え続けたのだ。
は健の死後も彼らの愛を胸に抱き、村で新たな人生を築いた。俊太朗は健と共に過ごした日々を忘れず、俊太朗の愛を伝えるために若者たちに愛と理解の大切さを教え続けたのである。

村人たちは次第に俊太朗を尊敬し、彼の言葉に耳を傾けるようになりました。彼らは、健と俊太朗の物語から学んだ愛と包容力を持ち、村はさらに温かい場所へと変わっていきました。

時が流れ俊太朗も歳を重ね、その生涯の終わりが近づいてた。俊太朗は健との再会が近いことを感じ、心から喜びを感じたのだった。俊太朗は最期の時を迎える前に村の若者たちに言った。

「僕達の愛がどれほど強く、そして不滅であるかを示しているんだよ。僕達の愛を忘れず、次の世代へと伝えて欲しい。愛は、私たちをつなぎ止める最も美しい力なんだよ。」

その夜俊太朗は静かに永遠の眠りにつき、永遠の安らぎの中で健と再会したのだった。健と俊太朗の愛は永遠に終わることはなく、村を通して後世に語り継がれたのである。健と俊太朗の愛は多くの人々に愛と勇気、そして希望を与え続けたのだ。

そして、健と俊太朗の愛は遠い未来にも、愛する人たちの心を照らし続けたのだ。愛は時空を超え、すべての人々を結びつける普遍的な力で、健と俊太朗の愛の力がその証となったのである。

最後まで愛し合った二人の若者、健と俊太朗の愛というものは、愛の力と希望の象徴として永遠に語り継がれたのである。

投稿者プロフィール

神戸の甲南大学を卒業
婦人服ショップに勤務するが女性に興味が無く退職
男性に恋をしてしまい、いわゆるトランスジェンダーを自認
29歳でカミングアウト
31歳で同性婚可能な米国に渡り恋する男性と結婚日本に帰国するが国籍はアメリカ国籍のまま現在に至る
タイトルとURLをコピーしました