章仁と陽司の愛の九州旅行

章仁と陽司の愛の九州旅行 BLS(ボーイズラブストーリー)
章仁と陽司の愛の九州旅行

章仁と陽司は、九州の美しい風景を楽しむために、長期の休暇を利用して旅行を計画していました。2人はかねてから九州に憧れていたので、この旅は彼らにとって特別な思い出になることでしょう。

旅の初日、章仁と陽司は、熊本県の阿蘇山に向かいました。山頂から見る景色は息をのむような美しさで、2人はその瞬間をカメラに収めることができました。陽司は、章仁の手を握りしめ、喜びを共有しました。彼らの愛は、阿蘇山の大自然に溶け込んでいくかのようでした。

次の日、彼らは佐賀県の夢見ヶ崎へと足を運びました。海岸沿いの小道を散策すると、波の音と共に心地よい風が吹いていました。章仁は陽司の腰に腕を回し、穏やかな瞬間を共に過ごしました。夕暮れ時、空に広がる夕陽に照らされた2人は、互いの心が一つになる瞬間を感じました。

九州旅行の中盤に差し掛かったころ、彼らは宮崎県の青島神社を訪れました。神社の雰囲気に包まれる中、2人は互いに祈りを捧げました。結ばれる運命の人に感謝し、永遠の愛を誓い合いました。その後、美しい海岸線を眺めながら、静かな夜を過ごしました。

旅の最後の地として、大分県の別府温泉に立ち寄りました。温泉街を散策し、地元の料理を堪能した後、2人は一緒に露天風呂に浸かりました。湯につかると、疲れがほぐれるだけでなく、心も温まりました。月明かりが湯気に反射し、それはまるで愛の光のようでした。

九州の旅が終わりに近づくと、章仁と陽司はこの思い出を大切にしようと誓いました。彼らの純愛は、九州の自然と共に深まり、成長しました。それぞれの場所で過ごした時間は、彼らの絆をさらに強くし、彼らが永遠に一緒であることを確信させました。

最後の日には、福岡県の博多に戻り、博多の夜景を見ながら、この旅の思い出を語り合いました。博多湾に映る幻想的な夜景は、彼らの愛の物語を一層美しく彩りました。美味しい博多ラーメンを味わいながら、2人はこれまでの旅路を振り返り、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

九州を巡る旅は、彼らにとってかけがえのないものでした。それぞれの場所で感じた愛、自然、そして文化は、章仁と陽司の心に深く刻まれることでしょう。旅を終えた彼らは、これからの人生も共に歩んでいくことを決意しました。

そして、2人は新幹線に乗って帰路につきました。窓の外に流れる景色を眺めながら、彼らは今後の人生について語り合いました。互いに支え合い、助け合いながら、彼らは幸せな未来を築いていくことを夢見ました。

この九州の旅を通じて、章仁と陽司は純愛の形を見つけました。彼らが九州で過ごした愛の情景は、彼らの人生にとって大切な宝物となり、永遠に心に残るでしょう

投稿者プロフィール

神戸の甲南大学を卒業
婦人服ショップに勤務するが女性に興味が無く退職
男性に恋をしてしまい、いわゆるトランスジェンダーを自認
29歳でカミングアウト
31歳で同性婚可能な米国に渡り恋する男性と結婚日本に帰国するが国籍はアメリカ国籍のまま現在に至る
タイトルとURLをコピーしました